【理念】


病む人の喜びを喜びとし、苦しみを慮れる、愛ある温かな医療を行います。


目標

地域の方々に安心と信頼を提供し続けられるよう、社会のニーズに適切に対応しつつ健全なる経営を維持していきます。

[基本指針]
1)常に患者のケアと幸福を第一に考えること
2)常に医療者としてのプライドを持ち、誠実に業務を行うこと
3)常に技術・知識のみならず人格を向上させるよう努力すること
4)日々サービスの理想を追求し続け、明日に生かすこと
5)スタッフ全員がお互いを尊重し、笑顔で協力しあうこと

【患者権利宣言】

 医療を受ける患者の権利について、世界医師会による「リスボン宣言」のなかで医療従事者が良心に従って守るべき原則が述べられております。
 当院はこの宣言にもとづき、以下のように患者権利宣言を行います。

1.    ひとりひとりが大切にされ、平等な医療を受ける権利
 すべての人は、差別なしに適切な医療を受ける権利があります。
2.    自らの希望を述べる権利
  担当の医師や病院に対する希望や、入院生活に関する希望を述べることができます。また治療に関する希望を治療の途中であ  っても述べることができます。
3.    十分な説明を聞く権利
 患者はいかなる検査、治療も医師から十分な情報を得る権利があり、また患者はカルテに
記載された自己の情報を知る権利があり、医学的事実について十分な説明を受ける権利があります。
4.    治療の内容を自身で選択する権利
 患者は自分が受ける検査、治療を自身で承諾あるいは拒否できます。
* 意識のない患者
とは、患者の意識がないか、自己の意思を表すことができない場合、インフォームドコンセントは法定代理人に行 います。
* 法的無能力者の患者
とは、患者が未成年者、あるいは法定代理人の同意が必要とされる場合でも、患者の能力の可能な限り、 意思決定に参加していただきます。
5. 個人情報ならびにプライバシーが守られる権利
 患者の健康状態、症状、診断、予後、および治療についての個人情報は機密として守られる権利があります。機密情報は患者が同意を与えるか、あるいは法律に明確に規定されている場合に限り開示されることができます。
6. 他の医療機関の医師の意見を聞く権利(セカンドオピニオン)
 
患者は病院、医師を自由に選ぶ権利があり、病院を代える権利があります。また、治療の途中においても、他の医師の意見を求めることができます。
7. 尊厳を得る権利
 患者はその尊厳を守られる権利を有し、最新の医学知識に基づき苦痛の除去をうける権利があり、また人間的な終末期ケアを受ける権利があります。
8. 宗教的支援を受ける権利
 患者は宗教上の信念、立場を尊重され守られる権利があります。



                                   医療法人 関東病院