抗菌薬の適正使用についてのポイント

今月は感染対策委員会より、近年話題となっている耐性菌と抗菌薬の適正使用についてのお話しをさせていただきます。

抗菌薬は感染症を治すために大切なお薬です。しかし、医師からの決められた量、決められた期間しっかりとお薬を服用しないとお薬の効かない耐性菌が増えてしまいます。近年この耐性菌の蔓延が問題となっています。

抗菌薬の血中濃度が適切な水準よりも低い状態にあると細菌の耐性化が起こりやすくなるといわれています。その為、抗菌薬は中途半端な量を服用するのではなく、医師の指示通りに服用しましょう。

抗菌薬服用時のポイント

・症状が治まっても、自己判断で服用を中止しない
・以前もらった抗菌薬が残っていても使用しない
・飲み忘れに気付いても、決して一度に2回分服用しないこと
・薬が合わず、しっしん等のアレルギー症状が出たらすぐに病院へ!

また重度の下痢が生じた場合、処方してもらった医師に相談して下さい。

医療法人光陽会 関東病院
感染対策チーム