第61回 日本糖尿病学会学術集会に参加してきました。

会場:東京国際フォーラム(東京)
会期:2018年5月24日(木)~26日(土)

先日、第61回 日本糖尿病学会学術集会に医師1名、看護師1名、管理栄養士2名、
リハビリ3名で参加してきました。

当院からはリハビリスタッフ2名が発表してまいりました。

【演者】宗村 明子 (理学療法士)
【演題】糖尿病教育入院を繰り返した1症例
~多職種での関わりでの変化とその後~

患者様だけではなく、支援者として重要となるご家族様の考え方にも変化を出せたとのことで、多職種としての関わりの有効性について再認識しました。

チームとしての活動をより有意義にしていけるよう、努めたいと思いました。

【演者】成田 雄一 (作業療法士)
【演題】当院、糖尿病療養指導における作業療法介入アルゴリズム作成
~過去3年間の後方視的検討からみえたこと~

糖尿病療養指導への作業療法士の参画について学びを得ました。

作業療法士として、糖尿病支援でのかかわりを広めていけるよう、私もさらに学びを深めたいと思います。

今回も各職種の先生方によるお話をきかせていただき、また繋がりも持たせて頂く機会を得ることができ、とても有意義な3日間となりました。

明日からの臨床・糖尿病支援に活かしていきたいと思います。

文責:安部 早紀(作業療法士)